コピー機のセキュリティー。

コピー機のセキュリティー。

最後に、コピー機のセキュリティー機能についてご説明したいと思います。
コピー機にはコピーを行う際に一時的に蓄えた情報(デジタルデータ)がメモリー上に残るようになっています。
そのため、原稿内容によっては外部に漏れてしまっては困るような機密性の高いものもありますので、コピー機にセキュリティー機能をつけることは非常に有効であり、重要です。

そこで活躍するのが、データセキュリティー専門のオプションです。
それを取り付けることにより、以下のことが可能になります。

・処理済みデータの消去
多くのコピー機はハードディスクを搭載しているため、画面上で消去したデータでも他のデータで上書きをされるまで残っています。
一定の技術を持った人であれば、その本来見えないはずのデータを復元することはいとも簡単に行えます。
そのため、ある処理を行ってハードディスクやメモリに残っているデータすべてを消去することができます。
それにより、物理的な復元ができなくなります。

・未処理データの暗号化
コピー機内に蓄積されているプリントアウトをしたデータを読解不能の暗号に変えてしまうことができます。

・ドキュメントコントロール
機密性の高い文書などのコピーを行う際に”不正コピー防止データ”というものを埋め込むことができます。
これにより、コピーが不正に行われることを防ぎます。

これらの技術により、個人情報や顧客情報、機密文書など外部に漏らしてはいけないものを守ることができます。

    Copyright(C) 初めて!会社のコピー機導入ガイド All Rights Reserved.