家庭用コピー機のお手入れ。

家庭用コピー機のお手入れ。

このページでは、家庭用のコピー機のセルフメンテナンス(お手入れ)方法についていろいろと記載していきたいと思います。
家庭用のコピー機もオフィス用同様、精密機器です。
下手に触ることで故障の原因となってしまいます。
ただし、オフィス用のコピー機のようにメーカーの技術員の方が定期的な点検には来ません。
細部に及ぶセルフメンテナンスはコピー機にとってよくないですので、コピー機に影響を及ぼさないようなセルフメンテナンスについて、以下にその一部を掲載しました。

・ガラス面を磨く
オフィス用のコピー機同様、柔らかい布でやさしく拭きましょう。
傷や指紋が付かないような力加減が重要です。

・ヘッドクリーニング
前ページでご紹介した、インクが抽出されるヘッド部分のクリーニングです。
どのコピー機にもヘッドクリーニングが行える機能が搭載されています。
ヘッドクリーニングは、印字不良の際にとても有効な機能です。
少々インク量が減りますが、ヘッドクリーニング前とヘッドクリーニング後ではその印刷に大きな違いがみられるでしょう。

注意しなければならないポイントは、
・エアダスターなどの可燃系のものは絶対に使用しない
コピー機はとても気密性が高い機械です。
可燃系のものを使用することで、溜まったガスに火花が引火し、火傷を負ったり最悪の場合火災にもつながります。
”絶対に”使用してはいけません。

・ヘッド部分は触らない
機械に搭載されたヘッドクリーニングを行うまでにとどまり、触ったり拭いたりといったことはやめておきましょう。

    Copyright(C) 初めて!会社のコピー機導入ガイド All Rights Reserved.