オフィス用コピー機のお手入れ。

オフィス用コピー機のお手入れ。

このページでは、オフィス用のコピー機のセルフメンテナンス(お手入れ)方法についていろいろと記載していきたいと思います。
基本的にオフィス用のコピー機は定期的にメーカーの技術を持った方が点検にお越しになります。
ですが、日ごろからセルフメンテナンスを行うことで、より快適にコピー機を使うことができます。
以下に、その一部を掲載しました。

・ガラス部分を磨く
ごく薄い揮発性のアルコールを柔らかい布に含ませて拭いてみましょう。
ガラス表面が汚れていると印刷物も汚れてしまいます。
ただし、ガラスに傷がつくことでガラスに線が入り、印刷物に影響が出るので拭きすぎには注意です。

・トナー補充カバーを開き、紙が通過する部分を拭き掃除する
慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、慣れると簡単に行えます。

・帯電線を引き出して一本一本丁寧に拭く
帯電線は引き出せるようになっています。

・トナーがこぼれて汚れている部分を掃除する
ドラムに付着してしまうと印刷物に影響が出ます。

・反射鏡を磨く
ガラスを外すと3枚の鏡のようなものがあるので、柔らかい布などでそっと拭きましょう。


注意しなければならないポイントは、

・感光体ドラムには絶対触らないこと
傷や指紋が印刷物に影響します。

・トナーの抜き差しをしない
こぼしてしまうことがあるので控えましょう。

    Copyright(C) 初めて!会社のコピー機導入ガイド All Rights Reserved.