初めて!会社のコピー機導入ガイド TOP

このサイトについて

オフィスで必ずと言っていいほど一台は見かけるコピー機。
今は一般家庭にパソコンが普及していることも手伝って、家庭用のコピー機も多くの方の家にあります。
また、コンビニや100円均一ショップなどでもコピー機があり、安価でのコピーが可能になりました。

このサイトでは、コピー機のことをいろいろと掘り下げて、詳しくご説明していきたいと思います。
少しでもコピー機のことに詳しくなっていただけたら幸いです。
まずこのページでは、コピー機の概要について書いていきたいと思います。

コピー機とは、正式名称を複写機と言います。
複写とは、同一の書類を2通以上作成することで、それを行える機械が複写機というわけですね。

あらかじめコピー用紙とインクを機械にセットしておくことでコピーが可能になります。
また、特定の部分だけを拡大コピーすることも可能で、もちろん同様に縮小もできます。
2枚以上の書類を1枚にまとめてコピーすることもできます。

コピー用紙も種類が豊富で、好みの大きさに合わせたコピーができます。
例えば、A4サイズの書類をB5サイズにコピーする、といったことも可能です。

このように、コピー機はその使い方が多種多様に広がっており、またコピー機自体も様々な変化を遂げています。

    初めて!会社のコピー機導入ガイド

    おすすめ最新情報

    固定電話の基本料金が削減できて、複数の支払いも一本化できるソフトバンクのおとくラインを考えているなら、現在の電話番号はそのまま使えて電話加入権の必要も無いのでオススメです。
    外出時にお手元の携帯へ転送できて、相手先番号の表示も可能な多機能転送サービスを考えているなら、かかってきた電話を転送元の電話機を呼び出すことなく直接転送が可能なのでオススメです。
    留守番電話のみしか使用していない場合、月額料金の削減に繋がるソフトバンクサービスの見直しを考えているなら、必要なサービスだけに絞り込むことで料金を安く出来るのでオススメです。
    詳細なログ取得で、データベースへの接続者を特定するデータベース暗号化なら、アクセス制御を強化するため、カラム別に暗号キーを作成可能なのでオススメです。
    契約電話回線から発信する際、一般の電話番号の代わりにフリーコール番号を相手先のナンバーディスプレイなど発信者番号表示機能のある着信側端末などに通知出来るのでオススメです。
    Copyright(C) 初めて!会社のコピー機導入ガイド All Rights Reserved.